モバイルモビリティというカテゴリー

大きなショッピングセンターや展示会などで長時間歩くとき。 杖をついている人が長距離を歩くとき。ゴルフ場や競技場などの敷地内を行ったり来たりしないといけないとき。きっと誰にでも使いたい時があると思う。そして、”折り畳められれば”、混雑した電車内でも気兼ねなく持ち運べる。玄関の角に置いておける。車に積んで旅行先にも持っていける。 まだまだ使われていない領域があると思う。

 

Imagine, if a personal mobility can be used in various sceneries…
When you need to walk at long distance at a shopping center, an exhibition holl and others. When you need to walk using a stick. When you go back forth in a golf course, a stadium and so forth.   If you, How to use it?

 

Imagine, if a personal mobility can be carried…
You can get on crowded train with it. You can park it narrow space such as an entrance. You can load it on a car, then you can use it in travel.   If you, How to use it?

  • フロント部のキャスターによってスーツケースのように持ち運べます。  It's can be carried like a suitcase.

    フロント部のキャスターによってスーツケースのように持ち運べます。 It's can be carried like a suitcase.

  • フロント部のキャスターとフロントタイヤの三点で自立します。 It's can stand by it's own tire and caster.

    フロント部のキャスターとフロントタイヤの三点で自立します。 It's can stand by it's own tire and caster.

  • シートハンドルを引き出してドライビングポジションに変形します。Pick a seat handle for the driving style.

    シートハンドルを引き出してドライビングポジションに変形します。Pick a seat handle for the driving style.

  • 前輪駆動で最高時速6kmまでの走行を想定しています。It can be moved by the front drive up to 6km/h.

    前輪駆動で最高時速6kmまでの走行を想定しています。It can be moved by the front drive up to 6km/h.

超高齢社会をひとつの背景に電動カートなどのパーソナルモビリティが新たな産業として注目されている。しかし、まだ普及の兆しがみえない。一方、欧州におけるパーソナルモビリティは、日常生活で使うものからスポーツ用、旅行用、同伴者用など様々な用途提案がされている。欧州のように、多様な選択肢があれば、日本においても普及に弾みがつくのではないか? 私たちは、その一つの選択肢として都市空間でも活用しうる”モバイルモビリティ”を提案する。

 

We expect that "personal mobility" can be a new market for the super-aged society but it has not spread in Japan.  On the other hand, European "personal mobility" makers propose a variety of applications for the sport, for travel, for accompanying person not only use in daily life.  As in Europe, if we have a variety of choices, Market of "personal mobility" would exist in Japan. Therefore, We try to propose a mobile mobility that can be utilized in urban space as a choice of one of them.

Copyright (c) gradie corporation.  All Rights Reserved.